最近の記事

酒波寺のエドヒガン桜

  • 2008年04月17日(木)
  • 投稿者:Sigeru
山門とエドヒガン桜鐘楼とエドヒガン桜

工房から歩いて15分ほどの酒波という集落に奈良時代、行基によって開かれた古刹がある。この寺の山門へと上る階段脇に、樹齢500年とも、600年ともいわれるエドヒガン桜の老木がある。

この酒波寺の、エドヒガン桜はなんか凄い。今津あたりの集落のはずれにはエドヒガン桜が結構あるけれど、それらとは全く違う。

鐘楼から、酒波の村を背景に見ると優雅な趣だが、山門へ上る階段下から見上げると、なんとも存在者たらんとしている。

鐘楼からの図も、よく見れば、その枝は、フリードリッヒの描くオークの枯れ木にも劣らぬ怪異さを見せる。

幹の下部に穿たれたほこらは、耐えた年月を想い壮絶ですらある。

エドヒガン桜のほこらエドヒガン桜の新芽
エドヒガン桜と椿

根元に椿の赤い花が咲いていた。

山景せせらぎ

コメント:0 件

コメント投稿欄
個人情報を記憶しますか?

*

トラックバック:0 件

  • この記事のトラックバック用 URL は、http://zihu.jp/blog/2008/04/17/templecherry/trackback/ です。