最近の記事

カテゴリー「自然」の記事

雪も一段落し、晴れ間が出ました。

  • 2012年12月11日(火)
  • 投稿者:Sigeru

9日、10日と続いて降った雪も、今朝はやみ、青空も広がる太陽の眩しい朝です。

雪の工房

雪の工房

昨日、今日と除雪車も二回入ってくれ、今は、夕方から降り始めたみぞれがうっすらと道を覆っています。

雪の日の日課の、玄関前に積もった屋根雪、仕事場への通路、車庫前の除雪も今回は、小1時間で済みました。

しかしこれは序奏。

冬本番への肩慣らし。

せめて年内はこれ限りだと嬉しいんだけど・・・・・。

コンポートにしてみたら良い感じ・・・

  • 2009年06月01日(月)
  • 投稿者:Sigeru

今年は、身体にすり込まれた季節感と、実際の季節の移りゆきとにどこかしらずれを感じる。今日から6月だが、6月っていつもこんなやったかな?となんとなく訝ってしまう。

今年の春は、風花が土の入れ替えや苗の植え付けと、結構まめに庭仕事をやってぃる。

幾何紋植木鉢寄せ植え

幾何紋植木鉢寄せ植え

先日、窯の脇に積み放題になっている試作やキズモノの山から大鉢を見つけ出してきた。

寄せ植えの植木鉢やコンポートにするとなかなか良い感じになった。

幾何紋コンポート寄せ植え

幾何紋コンポート寄せ植え

幾何紋植木鉢寄せ植え

幾何紋コンポート

幾何紋コンポート寄せ植え

エゴノキの落とし文

  • 2009年05月23日(土)
  • 投稿者:Sigeru

国道や川沿いの斜面や崖のあちこちで咲いていた藤の花がいつの間にか消え、この辺りでは、卯木や、エゴノキが満開です。

散歩の途中、エゴノキがあると、つい落とし文を捜したりする。

エゴノキの落とし文

エゴノキの落とし文

虫が卵を産み付けるために、葉をくるっと丸めるそうなのだが、何でもない生き物の生態と、その単純で心地よい形に惹かれる。

楢やクヌギの葉などにもあるそうですが、この辺りでは、エゴノキによく見かけます。

エゴノキの落とし文エゴノキの落とし文

エゴノキの落とし文

エゴノキの落とし文エゴノキの落とし文

クヌギの葉にもないかと捜してみたら、やはりありました。

エゴノキの葉では、1枚まるごと丸めることが多いようだけど、クヌギでは葉の一部を使っていた。

クヌギの落とし文

クヌギの落とし文

マキノ「くらふとまーけっと」心地よい一日でした

  • 2009年04月30日(木)
  • 投稿者:Sigeru

「くらふとまーけっと」かんばん

2009年 6th マキノ 『くらふとまーけっと』の一日

29日のマキノ高原は、ときおりテントを揺らす風が吹くものの、陽向にいても日陰にいても心地よい日和でした。いつもは緑に囲まれしずかなピックランドもこの日の広場は華やいだ雰囲気。それでも、都会とは違うまろやかな時間が流れます。

マキノ「くらふとまーけっと」

お客さんとの会話が弾みます。

マキノ「くらふとまーけっと」マキノ「くらふとまーけっと」

マキノ「くらふとまーけっと」

ろくろの体験コーナーに、子供たちは大喜び!

マキノ「くらふとまーけっと」

マキノ新緑

マキノ「くらふとまーけっと」

ちょっと気の利いた、木工、布の日用雑貨のみせもバラエティーに富んでます

マキノ「くらふとまーけっと」マキノ「くらふとまーけっと」

喫茶やパン屋さん、燻製のみせなどもあります。

マキノ「くらふとまーけっと」マキノ「くらふとまーけっと」

マキノ新緑

マキノ「くらふとまーけっと」

やはり春、園芸のみせも賑わっていました。

マキノ「くらふとまーけっと」マキノ「くらふとまーけっと」

多くのお客様に来ていただきありがとうございました。地元や大津方面の方に加え、今回は敦賀など福井からの方にも来ていただけたようです。出展者の幅も、回を重ねるごとに増え、今後もより皆さんに楽しんでいただければと思っています。

マキノ新緑

工房では木々のつぼみがはじける寸前です

  • 2009年04月29日(水)
  • 投稿者:Sigeru

今日は、朝からすっきりした良い天気。連休先駆けの行楽日和、イヴェント日和になりました。

私たちも出店した、マキノ「くらふとまーけっと」も新緑の中すがすがしい一日を楽しむことが出来ました。その様子は次回紹介します。

今回は、昨日久しぶりによい天気になったので、窯焚きの合間を見て撮った工房のまわりの花やつぼみを紹介します。

ここんとこ寒さが戻り、開花準備していたつぼみも今か今かとはじけるタイミングを待っている様子です。

工房脇に生えてる桐の木のつぼみです。

桐のつぼみ桐のつぼみ桐のつぼみ

こちらは、工房から少し降りた畑地脇の桐の木です。陽当たりが良いためか、すでに開花していました。

桐のつぼみ桐のつぼみ

これは、工房脇のほうの木です。つぼみはまるで、鳥が木に止まっているようです。

ほうのつぼみほうのつぼみ

開き始めたつぼみは、鳥の飛ぶようです。

ほうのつぼみ

蛇が鎌首をもたげたようなマムシグサ。

ほうのつぼみほうのつぼみほうのつぼみほうのつぼみ

マムシグサの横に、こんなものも首出してました。

たけのこ