最近の記事

「絵画」タグの付いた記事

平安楽市は☂。近代美術館にも行ってきました。

  • 2013年05月13日(月)
  • 投稿者:Sigeru & ユウタ

5月11日の平安楽市、報告

一昨日は、京都の岡崎公園にて催された「平安楽市」に出店してきました。

【写真】平安楽市、陶工房 滋風のブース。[撮影:ユウタ]

断続的に雨の降るあいにくの天候でしたが、ようやく雨の日でもあまり気温が下がらなくなってきたので、シェードの周りをしっかりとシートで囲えば、出店者は比較的快適に過ごせました。お客さまにも、雨に濡れずに商品をご覧いただけるように、テーブルの配置を換え、省スペースでもいつもと同じくらいの量の商品を陳列できるように、先日の「信楽作家市」でも使った金属棚を、今回も投入してみました。こういった工夫を考えることも、手作り市の小さな楽しみの 1 つだったりします。

【写真】平安楽市、陶工房 滋風のブース。[撮影:ユウタ]

雨のため、さすがにお客さまはいつもよりかなり少なめでした。でもそんな中、香川県丸亀在住の、「北山クラフト ガーデン」にて風花の猫食器をお求めいただいた方が立ち寄られたり、Sigeru のタンブラーをお求めいただいた若い女性二方が、こちらも香川県から、この市を目当てに京都に来たんだと仰っていたり……。「平安楽市」もいろんな方向に広がり始めているのを感じます。

京都国立近代美術館コレクション・ギャラリー、観覧記

今回は、3 人で行ったので、岡崎公園から徒歩数分の京都国立近代美術館コレクション・ギャラリーを、交代でゆっくりと観覧することができました。

近代美術館は、しばらくの間改修工事で閉館していて、当日が久々の開館。美術館の前に行くと、企画展がやっておらず、コレクション・ギャラリーも無料観覧日だったため、チケット・ブースが開いておらず、すこし戸惑う。そして、普段はまず企画展から見るので、コレクション・ギャラリーの会場へ直接向かう階段がわからず、ふたたび戸惑う(エレベーターもあることに気がついたのは、4 階の会場に着いてからでした)。

コレクション・ギャラリーの展示は、以前と同じく、西洋近代美術、近代日本画、写真、工芸品および日本近代洋画、西洋近代美術の順。今回は、村上華岳の日本画、野島康三の写真、そして河井寛次郎の陶器が、とくに多く展示されています。(展示作品の一覧は、こちらに掲載されています。)

Odilon Redon, Buddha dans sa jeunesse, 1906. [Public Domain]

Sigeru のお気に入りは、1 つ目はオディロンOdilonルドンRedon「若き日の仏陀」Bouddha dans sa jeunesse。2 つ目は、クルトKurtシュヴィッタースSchwittersの「赤に赤(通称)」。そして、2台のガラスケースに収められた、ダダに関する出版物やポスター。時代の場面に居合わすような臨場感。小さなコーナーで充実した時間が流れました。

風花のお気に入りは、村上華岳の仏画。技法こそ日本画のものですが、大陸アジア的な表情とフランスのアール・ヌーボ的な構図やモティーフとがそれに組み合わせれていて、なんともいえない不思議な雰囲気。村上華岳の作品は、何必館・京都現代美術館でも常設展示されているようなので、そちらもぜひ行ってみたいです。

ユウタのお気に入りは、マックスMaxエルンストErnst「怒れる人々」Personnages en colère。離れて全体を見ても好いけれど、絵肌マティエールが面白く、近づいて観察していると、いつまでも飽きません。陶器などは、(硝子で隔てられているのは、仕方がないとして)もうすこし近づいて見られるように展示してほしい……。

向かいの京都市美術館は、〈ゴッホ展〉が開催されているためか、入り口にたくさんの人が。一方、近代美術館は、久々の開館で、企画展も行われていないためか、とても空いていました。ゆっくり見られて嬉しい半面、もったいないなあとも思います。

二人詩画集「一語一絵」展・「花と猫の器展」at Café Cozy始まる。

  • 2012年12月03日(月)
  • 投稿者:Sigeru

12月 1日より、高島市今津の喫茶ギャラリー「Café Cozy」にて風花の「花と猫の器展」が始まりました。二人詩画集「一語一絵」展とのコラボです。

「花と猫の器展」

花と動物柄の長皿・花フリーカップ・マグカップ

「花と猫の器展」

花の各種皿・フリーカップ・マグカップ

「花と猫の器展」

猫のゆのみ・香立て皿・小鉢・ミニ鉢

「花と猫の器展」

Sigeruも一部友情出演。

棚の上は、ビアカップ。下は各種カップ類と森の精。

手前は、風花とSigeruの飯碗。

「花と猫の器展」

壁面には、絵手紙原画が展示されています。

「花と猫の器展」「花と猫の器展」

「花と猫の器展」

二人詩画集「一語一絵」展は、禅定正世さんが、友人の相山利子さんから15年ほど前からもらった絵手紙を時折眺めては楽しみながら、その折々に思い浮かんだ言葉やエピソードを書き留めたものを、詩画集「一語一絵」としてまとめた記念に持たれた展示会です。

詩画集には、湖西での暮らしの中の、ありのままの思いが、熟成された言葉によって膨らんでいます。

「花と猫の器展」

二人詩画集「一語一絵」展 ・ 「花と猫の器展」

  • 場所 高島市今津 Café Cozy (カフェ コージ) ギャラリー
  • 期日 2012年12月1日(土)~26日(水) (火曜日定休)
  • 時間 am10:00~pm10:00 (最終日はpm3:00まで)
  • 駐車場 あり
  • TEL 0740-22-1414

会期中の日曜午後には、《午後のひととき》として詩語りやコンサートがもようされます。

(pm3:00より)

  • 9日  「午後のひととき 詩語り」 禅定正世&絵本による街づくりの会有志
  • 16日 「クリスマスファミリーコンサート」 禅定ファミリー (お飲み物代 500円)
  • 23日 「午後のひととき クリスマスのお話」 禅定正世&絵本による街づくりの会有志

「花と猫の器展」

皆様のお越しをお待ちしています。

先週末は、北山と、三井寺のマーケットに出店しました。

  • 2012年07月19日(木)
  • 投稿者:Sigeru

2013 年 6 月の北山クラフト ガーデンについては、こちらを御覧ください。

2013 年 4 月のオーガニック & つながるマーケット・しがについては、こちらを御覧ください。

7月14日は、「北山クラフトガーデン」に出店しました。

雨が続き危うい空模様でしたが、無事一日持ってくれました。

出店者も多く、地上の回廊と階下へ降りるスロープにはアクセサリー、小物のお店が並び、1階と階下のテラスエリアには、木工、陶器、切り絵細工、下駄屋さん、帽子屋さん、服屋さんなどがテントを並べ、陶板名画の回廊が賑わいました。

陶工房「滋風」の出店エリアは、背景にミケランジェロの「最後の審判」の原寸大の陶板が下のヤードから立ち上がっています。(写真左)

北山クラフトガーデン出店風景北山クラフトガーデン出店風景

お向かいの切り絵細工のお店「ペガサス・デザイン・ギャラリー」(上の写真右)の、切り絵クラフトや、製本ノート が華やいで楽しかったので、手づくり市のメモ用に猫柄の手作りノートを購入。

猫柄製本ノート

開けて15日は、三井寺へ「オーガニックマーケット」に出店。

梅雨明けも間近く、暑い一日でしたが、緑の多い境内、それぞれ木陰をうまく利用しての出店。

どこか、のどかで、ファミリーな空気が漂う心地良いマーケットです。

お客さんも、影になった石段に腰掛けて、夏仕様のカレーや氷を味わいながら涼を取っておられました。

北山、三井寺、暑さの中、足をお運びいただいた皆さん、ありがとうございました。

「北山クラフトガーデン」
http://kamigamo-tedukuriichi.com/[別窓
「オーガニックマーケットしが」
http://organicmarketshiga.shiga-saku.net/[別窓

北山クラフトガーデン 不思議な空間

  • 2012年06月10日(日)
  • 投稿者:Sigeru

2013 年 6 月の北山クラフト ガーデンについては、こちらを御覧ください。

昨日は、京都北山の「府立陶板名画の庭」を会場にした「北山クラフトガーデン」に初めて出店しました。

あいにく、朝からの小雨が、午後まで続き、ようやく、閉店間際の4時すぎに陽が顔を出すという一日でした。

その影響もあり、出店数も、お客さんの出足も、残念ながら今ひとつでした。

でも初めて出店してみて、印象に残ったのは、スタッフの方の、誠実な対応でした。

会場の特殊性もあり、天候への対応や、配慮、いろいろご苦労されたと思います。

また、雨の中、足をお運び下さった皆様、ありがとうございました。

もう一つ、印象に残ったのは、会場の特殊性でもある、空間の不思議感です。

壁と、回廊と広場によって、階状に構成された野外空間、回廊が壁に沿ったひさしを作る。水と、陶板による原寸大の巨大な壁画。

印象派の陶板最後の晩餐の陶板

陶板名画の庭の滝-a

陶板名画の庭の滝b

最後の審判の陶板-b

昨日は、出店数が少なかったので、回廊の一部だけの利用でしたが、この空間を利用しきって、クラフト市が重ねられたなら、他の市にはない、独特な雰囲気を楽しめるような期待を感じます。

「北山クラフトガーデン」出店風景

最後の審判の陶板-a

「北山クラフトガーデン」
http://kamigamo-tedukuriichi.com/[別窓
「府立陶板名画の庭」
http://toban-meiga.seesaa.net/[別窓

金尾恵子さんのエスニック料理

  • 2006年05月16日(火)
  • 投稿者:風花
[写真「昨年開かれた原画展」]
[写真「お食事風景」]

昨年の4月の事ですが、「絵本による街づくりの会」主催で、絵本作家の金尾恵子さんの原画展が、ペンション・マキノで開催されました。図鑑、科学読み物、絵本などに、動物や鳥、魚などの絵を描いてご活躍されているのですが、その原画はとてもすばらしく、繊細な自然描写の中に描かれた生きものたちへの愛情が伝わってきて、感動したのを思い出します。

その金尾恵子さんがお料理上手で、5月13日にペンションマキノで、金尾さんが作られるエスニック料理を囲んでの、交流会が開かれました。

[写真「生春巻きとクスクス展」]
[写真「トンムヤンクン、etc」]

生春巻き、トムヤンクン、クスクス、香り高いタイ米にグリーンとレッドのカレーetc。デザートには、タピオカとフルーツとなんと野菜のくわい(シャキシャキ感がとてもぴったり)のココナツミルク。

そのお料理に、当工房の器を使わせていただきました。器そのものだけででなく、お料理を盛ったところを、沢山の方に見ていただける機会をいただけ、感想なども伺え、とても嬉しく、新たな創作の力にしていきたいと思いました。

[写真「民話の語り」]

おいしいお食事の後には、禅定正世さんの民話の語りと再話講座受講生による再話作品の語り(ブログ1/16参照)やコカリナの演奏もあり、大満足の一日でした。

関連ウェブ・ページ