最近の記事

「禅定正世」タグの付いた記事

二人詩画集「一語一絵」展・「花と猫の器展」at Café Cozy始まる。

  • 2012年12月03日(月)
  • 投稿者:Sigeru

12月 1日より、高島市今津の喫茶ギャラリー「Café Cozy」にて風花の「花と猫の器展」が始まりました。二人詩画集「一語一絵」展とのコラボです。

「花と猫の器展」

花と動物柄の長皿・花フリーカップ・マグカップ

「花と猫の器展」

花の各種皿・フリーカップ・マグカップ

「花と猫の器展」

猫のゆのみ・香立て皿・小鉢・ミニ鉢

「花と猫の器展」

Sigeruも一部友情出演。

棚の上は、ビアカップ。下は各種カップ類と森の精。

手前は、風花とSigeruの飯碗。

「花と猫の器展」

壁面には、絵手紙原画が展示されています。

「花と猫の器展」「花と猫の器展」

「花と猫の器展」

二人詩画集「一語一絵」展は、禅定正世さんが、友人の相山利子さんから15年ほど前からもらった絵手紙を時折眺めては楽しみながら、その折々に思い浮かんだ言葉やエピソードを書き留めたものを、詩画集「一語一絵」としてまとめた記念に持たれた展示会です。

詩画集には、湖西での暮らしの中の、ありのままの思いが、熟成された言葉によって膨らんでいます。

「花と猫の器展」

二人詩画集「一語一絵」展 ・ 「花と猫の器展」

  • 場所 高島市今津 Café Cozy (カフェ コージ) ギャラリー
  • 期日 2012年12月1日(土)~26日(水) (火曜日定休)
  • 時間 am10:00~pm10:00 (最終日はpm3:00まで)
  • 駐車場 あり
  • TEL 0740-22-1414

会期中の日曜午後には、《午後のひととき》として詩語りやコンサートがもようされます。

(pm3:00より)

  • 9日  「午後のひととき 詩語り」 禅定正世&絵本による街づくりの会有志
  • 16日 「クリスマスファミリーコンサート」 禅定ファミリー (お飲み物代 500円)
  • 23日 「午後のひととき クリスマスのお話」 禅定正世&絵本による街づくりの会有志

「花と猫の器展」

皆様のお越しをお待ちしています。

二人詩画集「一語一絵」展 ・ 「花と猫の器展」 at Café Cozy

  • 2012年11月30日(金)
  • 投稿者:Sigeru

今日は、朝から12月 1日に始まる、今津の喫茶ギャラリー「Café Cozy」での展示会の出展準備に出かける。

今回は、今昔語り部 禅定正世さんと風花のコラボ。

禅定さんは、相山利子さんからの絵手紙を元に出版された詩画集 「二人詩画集 一語一絵」の原画を展示。風花は、草花柄の食器と猫柄食器や香立て、招きなど小物の展示。

絵手紙を貼った着物切れの壁面展示に少し手間取ったけれど、壁面展示の絵手紙と、台の上の陶器が調和し落ち着いた雰囲気になったようだ。

二人詩画集「一語一絵」展 ・ 「花と猫の器展」

  • 場所 高島市今津 Café Cozy (カフェ コージ) ギャラリー
  • 期日 2012年12月1日(土)~26日(水) (火曜日定休)
  • 時間 am10:00~pm10:00 (最終日はpm3:00まで)
  • 駐車場 あり

会期中の日曜午後には、《午後のひととき》として詩語りやコンサートがもようされます。

ギャラリーの展示風景、詩画集についてなど、後ほど紹介します。

金尾恵子さんのエスニック料理

  • 2006年05月16日(火)
  • 投稿者:風花
[写真「昨年開かれた原画展」]
[写真「お食事風景」]

昨年の4月の事ですが、「絵本による街づくりの会」主催で、絵本作家の金尾恵子さんの原画展が、ペンション・マキノで開催されました。図鑑、科学読み物、絵本などに、動物や鳥、魚などの絵を描いてご活躍されているのですが、その原画はとてもすばらしく、繊細な自然描写の中に描かれた生きものたちへの愛情が伝わってきて、感動したのを思い出します。

その金尾恵子さんがお料理上手で、5月13日にペンションマキノで、金尾さんが作られるエスニック料理を囲んでの、交流会が開かれました。

[写真「生春巻きとクスクス展」]
[写真「トンムヤンクン、etc」]

生春巻き、トムヤンクン、クスクス、香り高いタイ米にグリーンとレッドのカレーetc。デザートには、タピオカとフルーツとなんと野菜のくわい(シャキシャキ感がとてもぴったり)のココナツミルク。

そのお料理に、当工房の器を使わせていただきました。器そのものだけででなく、お料理を盛ったところを、沢山の方に見ていただける機会をいただけ、感想なども伺え、とても嬉しく、新たな創作の力にしていきたいと思いました。

[写真「民話の語り」]

おいしいお食事の後には、禅定正世さんの民話の語りと再話講座受講生による再話作品の語り(ブログ1/16参照)やコカリナの演奏もあり、大満足の一日でした。

関連ウェブ・ページ

再話講座のお話会

  • 2006年01月16日(月)
  • 投稿者:風花

今日は、今津図書館で行われたNPO法人「絵本による街づくりの会」主催のお話会に行ってきました。

お話の内容は、地域に昔から語り継がれた民話や昔話で、語られた方々は、昨年6月~9月に月1回行われた「再話講座」(絵本による街づくりの会が主催で、今昔語り部 禅定正世さんの指導でなされてきました)に受講された方たちです。地域に伝わる昔話を採集しわかりやすく再話して、それぞれの人が語るといったやり方で、語られる方の心までもが伝わってくるお話し振りでした。

お話の中には高島市の私たちに身近な地名がたくさん出てきて、ああこの地名にはこんな物語があったのだと感心したり、中にはユーモアたっぷりのホラ(?)話があったり、遠く大阪からこられた方からは、大阪の昔話を聞けたりで、あっという間の1時間半でした。

今日のお話は本当は、昔話が語られるには絶好の囲炉裏端で行われる予定でしたが、会場になるはずのマキノ国境の願力寺さんも例にもれず、大雪による積雪のため、今津図書館の開催となりました。昔は、おじいちゃんおばあちゃんから、囲炉裏端で聞かされた民話や昔話。とても面白かったり、恐ろしかったり、想像力を書きたてられる経験を、今は私を含め大人の人も知らないでいますが、大人の人もしっかり楽しめて、心温かくなったひと時でした。。そんな土着の生活文化のようなものも、いずれは私たちの作品にも生かせていけたらと思っています。

関連ウェブ・ページ