最近の記事

平安楽市は☂。近代美術館にも行ってきました。

  • 2013年05月13日(月)
  • 投稿者:Sigeru & ユウタ

5月11日の平安楽市、報告

一昨日は、京都の岡崎公園にて催された「平安楽市」に出店してきました。

【写真】平安楽市、陶工房 滋風のブース。[撮影:ユウタ]

断続的に雨の降るあいにくの天候でしたが、ようやく雨の日でもあまり気温が下がらなくなってきたので、シェードの周りをしっかりとシートで囲えば、出店者は比較的快適に過ごせました。お客さまにも、雨に濡れずに商品をご覧いただけるように、テーブルの配置を換え、省スペースでもいつもと同じくらいの量の商品を陳列できるように、先日の「信楽作家市」でも使った金属棚を、今回も投入してみました。こういった工夫を考えることも、手作り市の小さな楽しみの 1 つだったりします。

【写真】平安楽市、陶工房 滋風のブース。[撮影:ユウタ]

雨のため、さすがにお客さまはいつもよりかなり少なめでした。でもそんな中、香川県丸亀在住の、「北山クラフト ガーデン」にて風花の猫食器をお求めいただいた方が立ち寄られたり、Sigeru のタンブラーをお求めいただいた若い女性二方が、こちらも香川県から、この市を目当てに京都に来たんだと仰っていたり……。「平安楽市」もいろんな方向に広がり始めているのを感じます。

京都国立近代美術館コレクション・ギャラリー、観覧記

今回は、3 人で行ったので、岡崎公園から徒歩数分の京都国立近代美術館コレクション・ギャラリーを、交代でゆっくりと観覧することができました。

近代美術館は、しばらくの間改修工事で閉館していて、当日が久々の開館。美術館の前に行くと、企画展がやっておらず、コレクション・ギャラリーも無料観覧日だったため、チケット・ブースが開いておらず、すこし戸惑う。そして、普段はまず企画展から見るので、コレクション・ギャラリーの会場へ直接向かう階段がわからず、ふたたび戸惑う(エレベーターもあることに気がついたのは、4 階の会場に着いてからでした)。

コレクション・ギャラリーの展示は、以前と同じく、西洋近代美術、近代日本画、写真、工芸品および日本近代洋画、西洋近代美術の順。今回は、村上華岳の日本画、野島康三の写真、そして河井寛次郎の陶器が、とくに多く展示されています。(展示作品の一覧は、こちらに掲載されています。)

Odilon Redon, Buddha dans sa jeunesse, 1906. [Public Domain]

Sigeru のお気に入りは、1 つ目はオディロンOdilonルドンRedon「若き日の仏陀」Bouddha dans sa jeunesse。2 つ目は、クルトKurtシュヴィッタースSchwittersの「赤に赤(通称)」。そして、2台のガラスケースに収められた、ダダに関する出版物やポスター。時代の場面に居合わすような臨場感。小さなコーナーで充実した時間が流れました。

風花のお気に入りは、村上華岳の仏画。技法こそ日本画のものですが、大陸アジア的な表情とフランスのアール・ヌーボ的な構図やモティーフとがそれに組み合わせれていて、なんともいえない不思議な雰囲気。村上華岳の作品は、何必館・京都現代美術館でも常設展示されているようなので、そちらもぜひ行ってみたいです。

ユウタのお気に入りは、マックスMaxエルンストErnst「怒れる人々」Personnages en colère。離れて全体を見ても好いけれど、絵肌マティエールが面白く、近づいて観察していると、いつまでも飽きません。陶器などは、(硝子で隔てられているのは、仕方がないとして)もうすこし近づいて見られるように展示してほしい……。

向かいの京都市美術館は、〈ゴッホ展〉が開催されているためか、入り口にたくさんの人が。一方、近代美術館は、久々の開館で、企画展も行われていないためか、とても空いていました。ゆっくり見られて嬉しい半面、もったいないなあとも思います。

コメント:0 件

コメント投稿欄
個人情報を記憶しますか?

*

トラックバック:0 件

  • この記事のトラックバック用 URL は、http://zihu.jp/blog/2013/05/13/heian2013-05and_momak/trackback/ です。