最近の記事

「食」タグの付いた記事

「オーガニック&つながるマーケット」in三井寺、ホカホカ温もる一日でした。

  • 2012年12月17日(月)
  • 投稿者:Sigeru

2013 年 4 月のオーガニック & つながるマーケット・しがについては、こちらを御覧ください。

12月16日(日)、今年最後の「オーガニック&つながるマーケット」in三井寺に出店しました。昨夜からの雨が上がり、穏やかな日和。マーケットは、色々イベントもあり、ホカホカ温もる一日でした。

つながるマーケット

つながるマーケットつながるマーケット

この「オーガニック&つながるマーケット」で嬉しいのは、温かいご飯物を楽しめることです。特に、寒い冬場は、体にいいオーガニック&ベジタブルな食事がありがたい!朝から、あちらこちらの食のブースからお腹を刺激する匂いが漂ってきます。

つながるマーケット

つながるマーケットつながるマーケット

つながるマーケット

つながるマーケット

手作りの音楽も流れました。

葦笛のクリスマス演奏会や、出店者の飛び入りも。

つながるマーケット

つながるマーケット

つながるマーケットつながるマーケット

つながるマーケット

Sigeruは、玄米の焼きおにぎりに、ベジチゲを購入。焼きおにぎりは、外はかりっとして醤油が香ばしい、中はホクホクしっかりしたコメの味。チゲはトマトたっぷり濃厚な風味。これにいつもの「たまぱん」のベーグルを食しました。

つながるマーケット

今回会場では、ロケットストーブのワークショップもありました。ブースでは、ロケットストーブの制作に予約で参加した人だけでなく、興味津々のやじうま?の輪が終日絶えませんでした。

つながるマーケット

つながるマーケットつながるマーケット

ドラム缶を加工し

つながるマーケット

断熱材をあいだに詰め

つながるマーケットつながるマーケット

最後の取り付けをして

つながるマーケット

ワークショップの参加者は、完成したストーブをお持ち帰り。

つながるマーケット

無農薬・無化学肥料で自家栽培した農作物を中心に無添加の加工品や手づくり品などが集まる食の「オーガニック」。

つくる人の顔が見えて、つかう人の暮らしが見える。そんなつながりを大切にした手づくりの暮らしアイテムが集まる「つながる」。
想いを、今出来る形にして続けること。小さなマーケットでも、何かを産み、育ててゆく力になるんやないかな。

「オーガニック&つながるマーケット」を支えて下さった多くのお客様、楽しい時間を共にすることのできた出店者の皆さん、来年もまたお会いできることを楽しみにしています。

次回は、来年1月20日(日)です。「滋風」も出店する予定です。

つながるマーケット

「オーガニック&つながるマーケット」http://organicmarketshiga.shiga-saku.net//[別窓

「こども自然体験 遊び塾」に参加

  • 2009年04月06日(月)
  • 投稿者:風花

4月4日(土)、NPO法人「絵本による街づくりの会」主催で、こども自然体験遊び塾「里山の春を歩いて 食べて 感じよう!」が行われ参加しました。

あいにくの雨でしたが、京都からのボーイスカウトの皆さん、地元高島から親子の皆さん、スタッフを含め50名以上の人が集まりました。

こども自然体験 遊び塾 絵本の読み聞かせ

春の花や、食べられる野草の話、山菜を採るときのマナーなど、絵本の読み聞かせを交えた楽しい説明の後、山菜を採りながら、里山の散策。

タラの芽

タラの芽

カタクリの花も、雨で下を向いています。

カタクリ

ヤマオヤジを見つけました。

ヤマオヤジ

雑木林を散策。

雑木林を散策

獣の死骸を見つけました。 狐のようです。

獣の死骸を見つけました

山菜を摘みました

山菜を摘みました

山菜を摘みました

おなかすかしてペンションマキノに帰ってくると、スタッフの皆さんが作ってくれた山菜の天ぷら、おひたし、ごま和え、大鍋の味噌汁をおかずにおにぎりを食べました。

火興し大鍋で味噌汁

天ぷらは、セリ、つくし、ノビル、からしな、かんぞう、ふきのとうによもぎ

山菜の天ぷら

昔話の語りもありました。

昔話の語り

みんなでわいわい、よもぎだんご作り

よもぎだんご作りよもぎだんご作り

晴れた日には見られない,花たちの様子や、川の水音、しめった春のにおい・・・雨の里山に、春を感じとれた楽しい一日でした。

「風花の器展」(12月2日~)搬入、展示完了

  • 2008年12月01日(月)
  • 投稿者:風花
隠れ家ギャラリーえん 玄関

「風花の器展」(12月2日~7日)の出展作品を、名古屋呼続の隠れ家ギャラリー「えん」さん別窓]に、昨日搬入してきました。

午後3時前に出発して、5時過ぎに到着。高速を使うと2時間ちょっとで名古屋に着いてしまいます。意外と近いですね。

隠れ家えんの定食

閉店までの間に、まずは腹ごしらえ・・・・

隠れ家「えん」には喫茶もあり、本日の定食は、豚のしょうが焼き定食。

ボリュームたっぷりで、おいしいコーヒーゼリーもついて600円というお安さ。週替わりメニューが楽しみですね。

隠れ家ギャラリー展示-1隠れ家ギャラリー展示-2隠れ家ギャラリー展示-3

古い民家をそのまま使った内装は、風花の器にピッタリで、展示も思いのほかはかどりました。

お手伝いいただいたオーナーさんにも感謝!

後はどんなお客様に見ていただけるか楽しみ~

隠れ家ギャラリー展示-Xマス隠れ家ギャラリー展示-お正月

はじめての名古屋は好印象!

  • 2008年03月15日(土)
  • 投稿者:Sigeru
ケーキカット
カクテル

3月8日、甥の結婚式に3人で名古屋へ向かう。いい結婚式だった。

3人ともはじめての名古屋なので、1泊して日曜は市内を巡る。

まず、ユウタが上前津の古本屋を覗いてる間、十二ヶ月別窓]という雑貨ギャラリーに入る。陶器は、カップ類、注器、小鉢を中心に展示されていたが、感性と知性を程よい遊びで調和させた、楽しみながら使える器、という感じだった。作家の傾向が似通っているのが少し気になったけれど、それも、店の姿勢がはっきりしている表れか。木、漆や金工もあり、こじんまりしたいい店だった。

ユウタと合流し、鶴舞の古本屋を数軒3人で回る。この界隈の古本屋は、昔ながらのよさを保っているようだ。Sigeru は、飯沢耕太郎の「荒木!」を購入。

もう少し回りたかったけれど、昼を兼ねて、隠れ家ギャラリー「えん」別窓]という、少し南のはずれにある店へ向かう。

和風民家の一軒家の、ガラス格子の引き戸を開けて、たたきから板敷きを上がった畳の間のギャラリーを通り、やはり畳の間の喫茶に落ち着く。ギャラリーでは、着物の古着を展示していて、カサイクロス風の柄ので手ごろな価格のものが気に入り、風花購入。

定番のカレーと、週代わり定食のそぼろの三色どんぶり、それにそれぞれのコーヒーを楽しむ。気の置けない友達の家でくつろぐような、なんとも不思議な空間だった。

初めての名古屋だったけれど、予期した以上に好印象だった。2時間ほどでいけるので、又行ってみたい。

関連ウェブ・ページ

[list]
[*]名古屋古書ネット別窓
[/list]

あっさりトマト・ピザのレシピ

  • 2006年07月09日(日)
  • 投稿者:風花

ピザを作ってみました。作ってみると意外と簡単、具を色々変えて、やっぱり焼きたてが一番ですね。生地を多めに作って、冷凍しておくと、いつでも作れます。

ピザ生地(直径21センチ、6枚分)の材料

  • 強力粉:350g(私は、強力粉 320g、全粒粉 30g でやっています)
  • ドライイースト:小さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2  
  • ぬるま湯:250cc
  • オリーブ油:大さじ2

あっさりトマトピザの材料

  • ピザソース:大さじ3~4
  • トマト:小1個
  • 青ジソ:5~6枚
  • ピザ用チーズ:100g

作り方

  1. 大き目のボールに強力粉、ドライイースト、砂糖、塩を入れてひと混ぜし、オリーブ油を加える。
  2. ぬるま湯を加減しながら全量加えてこねます。こね始めは手にくっつく感じですが、しだいにひとつにまとまるので、こうなってからは、生地がなめらかになるまで10分~15分くらい、力を入れてよくこねます。
  3. 油を薄く塗ったボールに (2) をまるめていれ、ラップをかぶせかいて温かいところにおく。2倍の大きさになったら軽く生地の真ん中を押しガス抜きをする。2~3分軽くこねて、再びボールに戻し、ラップをして1時間寝かせる。
  4. オーブンを 200℃ に予熱する。(3) の生地を6等分して(残った分は冷凍保存)麺棒で直径21センチくらいに伸ばす。(私は、麺棒にくっついてうまく伸びないので、クッキングシートにくっつけるようにして指で伸ばしています)
  5. 表面を何箇所かフォークの先で穴を開けます。
  6. (5) にピザソースを塗り、小さめに乱切りしたトマト、千切りした青ジソ、ピザ用チーズをのせる。
  7. オーブン皿に薄く油をぬり(クッキングシートを引く場合はそのまま)(6) をのせ15分~20分焼く。

上にのせる具はその時有るもので、玉ねぎ、ピーマン、ナス、きのこ、ハム、オイルサーディンなど(写真のは、生オレガノいっぱいと入り)。次はイカの塩辛や練りうになんかも試してみたいと思っています。