最近の記事

「信楽」タグの付いた記事

第 7 回しがらき作家市、全日大盛況でした

  • 2013年05月07日(火)
  • 投稿者:Sigeru & ユウタ

5 月 2 日~ 5 日、ゴールデン・ウィークの 4 日間、信楽の陶芸の森にて、第 7 回信楽作家市に出店してきました。

【写真】大戸川沿いの県道 16 号線から見える遅咲きの山桜。対向車線に赤いダイハツ・コペン。追い越していった、Sigeru の運転する青いスズキ・ジムニー(JA11 の幌車)とそれに続く銀色のトヨタ・ハイエース。[撮影:ユウタ]

前日、搬入のために信楽に入ると、遅咲きの山桜が目に入ってきて、片道 2 時間弱重い荷物を積んでの運転の疲れも吹き飛びました。

設営中は、雨が降っており、風も強く、会期中の天候を心配していましたが、3 日目の夕方に小雨が降った程度で、大きく天候が崩れることはなく、快適な市となりました。もっとも、気温は例年よりも低く、服装に悩まされましたが……。

今年は、例年の 2 倍の広さのブースを借りたので、いつもと勝手が違い、とくに初日はなかなか陳列が終わらずに、お越しいただいたお客さまに、ご迷惑をおかけいたしました m(_ _)m 苦労の甲斐あって、正面にメイン・ディスプレイと 2 つの出入り口を設けた陳列で、人の流れができ、たくさんのお客さまに商品を見ていただくことができました。

【写真】第 7 回しがらき作家市、陶工房 滋風のブースの様子。正面右手から。画面左手、左側通路に、Sigeru の花器や森の精を見る笑顔の男性(サングラス着用)と女性。画面左手、メイン・ディスプレイ前に、笑顔の女性と車椅子の男性。画面奥左手にも、風花の商品を見る人たちが数名。画面奥中央に風花とユウタ。[撮影:Sigeru]

とりわけ、Sigeruの食器は、カップにしろ、鉢類にしても、柄のパターンが多様で、一品作品に近いので、今回は、初めて見られるお客様にもじっくり見ていただくことができたようでよかったです。ビアカップ、マグをあれこれ手に取り楽しみながら購入していただきました。

【写真】第 7 回しがらき作家市、陶工房 滋風のブースの様子。右手奥から。Sigeru のビア・マグ(大)を手に取る、サングラスを着用したスキンヘッドの男性。画面手前に、Sigeru の花器, マグ, 大皿, コーヒー・カップ & ソーサー, 丼ぶり, 飯碗など。[撮影:Sigeru]

風花の猫柄食器や草花柄食器も、一つ一つ表情や草花の種類が違うので、余裕のあるスペースで、ゆっくりと選んでいただけたようです。

【写真】第 7 回しがらき作家市、陶工房 滋風のブースの様子。左手、風花のコーナー。画面手前、風花の猫柄食器を見る女性。画面奥中央、風花と Sigeru。画面奥右手、幼子を抱いた女性とその母。[撮影:ユウタ]

また、陳列棚のあちらこちらに置いた Sigeru の森の精や猫、風花の招き猫雑貨(カード・スタンドや一輪挿し)に、思わず笑みを零されるお客さまの姿もあり、ブースに和んだ空気が溢れました。

【写真】第 7 回しがらき作家市、陶工房 滋風のブースの様子。左手奥より。画面手前、Sigeru の商品だなを見る男性と女性。画面奥、メイン・ディスプレイ前、Sigeru の商品を見る男女と風花の商品を見る女性。画面中央、メイン・ディスプレイの裏には、Sigeru の鉢や森の精など。[撮影:Sigeru]

今回は、4日間とも Sigeru, 風花, ユウタの三人での出店だったので、合間に参加している出店ブースの作品をゆっくり見ることもでき、新たな挑戦を試みている様子に、得ることも多い四日間でした。

関連記事

信楽「陶夢」での一畳ギャラリー展示始まる

  • 2013年04月15日(月)
  • 投稿者:Sigeru

今月 11 日から、信楽の shop & gallery 陶夢で、Sigeru と風花の作品の一畳ギャラリーでの展示が始まっている(5 月 10 日まで)。

今年に入って、手作り市の限られたスペースでの展示をユウタにしてもらうようになり、商品が以前よりも見やすくなったので、今回の展示もユウタに頼むことにして、2 人で出かけた。

今回は、風花は、猫食器や雑貨に草花柄の新作食器を、Sigeru は、幾何/魚紋食器に、ティッシュ・ボックスやペン立てなどの、新作雑貨を加え、展示している。

カメラを持って出かけたのだが、帰りの車中で、写真を撮るのを忘れたことに気づいた。

shop & gallery 陶夢 一畳ギャラリーの詳細

展示期間
4 月 11 日~ 5 月 10 日
営業時間
午前 11 時~午後 5 時
定休日
水曜日
所在地
滋賀県甲賀市信楽町柞原65[地図](駐車場アリ)
自動車
新名神高速道路信楽 IC より、約 10 km経路
公共交通
信楽高原鐵道信楽駅より、タクシーで約 3 km
公式サイト
http://www3.ocn.ne.jp/~rinca65/

関連 WWW

信楽作家市、今年は 2 倍の広さで出店!

  • 2013年04月02日(火)
  • 投稿者:ユウタ

一昨日は、来月ゴールデン・ウィーク滋賀県立陶芸の森で開催される信楽作家市の出店ブースを決めるために、Sigeru と 2 人で信楽まで行ってきました。2 時間くらいかかると思っていたのですが、朝は道が空いているためか、チラホラと花が開いてきている道端の桜をのんびりと眺めながら、1 時間半ほどで着くことができ、先に仕事で使う道具を買いに行く時間がとれました。

陶工房 滋風のブースは、西から数えて 3 列目の通路を、太陽の丘側から入って右手、2 つめのテントに決まりました。今年は、例年の春の信楽作家市や秋のセラミック・アート・マーケット(陶器まつり)の 2 倍のスペイスを借りるので、ゆったりと商品を見ていただくことができます。

【写真】信楽陶芸の森。火の丘を東側から望む。左手に咲き始めの桜。丘の上に親子。曇り空。

会場となる信楽陶芸の森、太陽の広場でも、桜が咲き始めていました。

【写真】信楽陶芸の森。太陽の広場とダイエット階段を東側から望む。犬と遊ぶ人たち。曇り空。

今年は昨年よりも 10 組ほど出店者も増え、5 月の連休には、この広場にたくさんのテントが立ち並ぶことになります。

信楽作家市では、地元の陶芸作家をはじめ、一部陶芸以外の作家も含め、古くからの出店者から若手まで、様々な作家の商品を、直販でお買い求めいただけます。昔ながらの焼き物が好きな方にも、今風のおしゃれな食器や雑貨が好きな方にも、楽しんでいただけると思います。

また、陶芸館では、特別展「フランス印象派の陶磁器 1866~1886 ジャポニズムの成熟」も開催されており、そちらも併せてご覧になっていただけます。新名神高速道路が開通してから、自動車でのアクセスもとても楽になっているので、ぜひ足をお運びください。

第 7 回信楽作家市詳細

【ポスター】第 7 回しがらき作家市 ⏎ 2013.5 / 2. 3. 4. 5 の 4 日間 ⏎ open AM 9:00 ~ close PM 5:00 ⏎ 陶芸の森 太陽の広場 http://sakkaichi.exblog.jp/

会期
2013 年 5 月 2 日(木)~ 5 日(日)
時間
午前 9 時~午後 5 時
会場
滋賀県立陶芸の森 太陽の広場(甲賀市信楽町勅旨 2188-7) 地図
自動車
新名神高速道路信楽 IC ゟ 6km 弱。駐車場あり
公共交通
例年は、信楽高原鐵道信楽駅などゟ巡回バスがあり〼
公式サイト
http://sakkaichi.exblog.jp/

関連記事

「滋風」10月のイベント、手づくり市のお知らせ

  • 2012年10月22日(月)
  • 投稿者:Sigeru

2013 年の信楽作家市(ゴールデン・ウィークに信楽セラミック・アート・マーケットと同会場にて開催)については、こちらを御覧ください。

2013 年 4 月のオーガニック & つながるマーケット・しがについては、こちらを御覧ください。

この8月から9月にかけて、初秋の展示会、イベントに向けての作品作りに追われ、サイトの作業をほったらかしにしていた。久しぶりにイベント記事を載せます。

10月に入って、第一週の連休は、毎秋恒例の信楽セラミックアートに出店した。

例年、一日目の土曜日は、早朝からお客さんが集中し、三日目は、客足が落ちるのだが、今年は、逆に、一日目は出足が悪く心配したが、むしろ三日目がにぎわう結果だった。

三日間好天に恵まれたこともあり、分散した結果、街中の渋滞も少なく、お客さんはゆっくり楽しめたようだ。

二週目の土日は、信楽とは反対方向、北へ、福井の「金津クラフトマーケット」に出店。

金津は始めての出店だったが、高速を使うと、信楽よりも行き帰りが楽だった。

出店もスムーズに運び、ここも信楽と同じく、緑に囲まれた気持ちのいい会場だった。

二日目の日曜日は、家族ずれのお客さんが後を絶たず、クラフトマーケットを、食の屋台会場を、周りの森林施設を存分に楽しむという具合だ。

金津クラフトマーケット出店風景

金津クラフトマーケット出店風景金津クラフトマーケット出店風景

金津クラフトマーケット出店風景

金津クラフトマーケット出店風景金津クラフトマーケット出店風景

金津クラフトマーケット出店風景

金津クラフトマーケット出店風景

信楽、金津とも、多くのお客さまにご来場いただき、また、「滋風」の食器や作品をお求め頂き、ありがとうございました。

またお会いできること、楽しみにしています。

そして昨日日曜日は、二ヶ月ぶりに、オーガニック&つながるマーケットに出店。

晴れた穏やかな一日、いろんな仲間たちと、いろんな交換をするうちに、時間が流れた。

来月(11月18日)も出店します。紅葉の三井寺、楽しみです。

来週、土曜日(27日)は北山ハロウィン手づくりマーケット、日曜日(28日)は、上賀茂手づくり市に出店します。

北山ハロウィンには、黒猫ハロウィンバージョンの食器や、パンプキンアレンジの幾何柄食器も用意しています。

初めてのハロウィンイベントへの参加、ウキウキしています。

上賀茂は、二ヶ月ぶりの出店。今回は、鳥居前ではなく、小川を渡り、少し林に入ったあたりでの出店です。

「オーガニック&つながるマーケット」http://organicmarketshiga.shiga-saku.net//[別窓

「北山ハロウィン手づくりマーケット」http://kamigamo-tedukuriichi.com/index.php?id=96/[別窓

「北山ハロウィン」http://www.kitayama-halloween.com//[別窓

「上賀茂手づくり市」http://kamigamo-tedukuriichi.com/[別窓

信楽「作家市」終了 今朝は資材の天日干し…

  • 2009年05月06日(水)
  • 投稿者:Sigeru

4日間の信楽「作家市」が昨日終了しました。

昨日は昼から雨になってしまい、今朝は資材の天日干し。

信楽「作家市」資材の天日干し

信楽「作家市」資材片付け

さいわい、曇りながらも薄日の差す天候だったので昼には片付け終りました。

イヴェントには毎回重宝な資材たち、4日間、ご苦労様でした。

最終日は雨になったものの、3日間好天に恵まれ多くのお客さんに来ていただきました。

初日から4日間を通じて、案内を出させていただいた方の多くに来ていただき、信楽「作家市」を毎年楽しみにして来られる方々に支えられていることを実感します。

ナルコユリ

又、サイトで紹介した器を見て気に入って購入された方、サイトの商品ページの充実を要望されるお客様もあり嬉しく思います。

商品ページの充実は次の課題と常々思いつつ、着手できずにいました。これを機に購入を希望される方に、ご利用しやすいよう、リニューアルしようと予定しています。

湖西倶楽部どっとねっとhttp://www.kosei-club.net/[別窓]のメンバーの方からの紹介で来られた方もあり、湖西の情報を出来る範囲で届けていこうと言うもう一つの目的も、少しづつですが繋がりが出来つつあるようです。

信楽を離れてもう10余年になり、湖西での生活が信楽在期間と同じになろうとしています。

今なお、信楽「作家市」のメンバーとして参加できることを嬉しく思っています。離れていて、あまり力になることは出来ませんが、「作家市」により多くの方に来て楽しんでいただけるよう、努めていきたいと思っています。

タンポポ